スポーツ外傷について

岸和田の伝統行事だんじり祭り。地車と地車が激しくぶつかりあうため、例年スポーツ外傷者のニュースに事欠きません。似たような言葉でスポーツ障害というものがありますが、外傷とは違うのでしょうか。また、スポーツ外傷にはどのような種類があるのでしょうか。

スポーツ外傷とスポーツ障害の違い

スポーツ外傷というのは、転倒したり衝突したりといった1度の衝撃によって起こる急性のケガのことです。岸和田だんじり祭りでの負傷者はおもにスポーツ外傷に分類されます。スポーツ外傷と似た言葉でスポーツ障害というものがありますが、意味は全く異なります。

スポーツ障害というのは、毎日の激しい練習により、負担が積み重なって慢性的に続くものを言います。痛みのレベルにもよりますが、重度のものだと日常生活に支障をきたしてしまうものもあるため、初期段階での処置が大切です。

スポーツ外傷の種類

脱臼(だっきゅう)

脱臼というのは、関節が外れて骨が正しい位置からずれてしまった状態です。疾患によるものもありますが、たいていはボールを投げたり、ラケットを振ったり、転んだりなどといった関節に大きな力が加わることで起こります。

肉離れ

肉離れというのは、過度の力によって筋肉が引き伸ばされ切れてしまった状態を言います。筋肉が多ければその分、筋肉同士の張力が強くなるため起こりやすくなります。

捻挫(ねんざ)

捻挫というのは、関節の可動域を超えて無理にひねってしまうことで関節の靭帯や腱、軟骨などが傷ついてしまった状態を言います。足首が多いですが、つき指も捻挫の1つなのです。

スポーツ外傷は整骨院で

脱臼や肉離れなどのスポーツ外傷を起こしてしまった際、病院での治療以外に、整骨院も選択肢の1つです。
整骨院はスポーツ障害の他にも腰痛肩痛、交通事故治療後の施術など様々な悩みに対応しています。病院と同じように保険適用となるところもあるので、費用面でも安心できます。

岸和田にある当院は、学生から高齢者まで幅広い年齢層の方に来て頂いています。テーピングやストレッチ・トレーニング、灸など様々な施術プランをご用意しておりますので、お悩みに合わせてご利用下さい。健康保険や労災、自賠責など各種保険を取り扱っており、午前診の方を対象に送迎も行っております。辛い悩みを抱えている方はぜひご相談下さい。