好転反応について

整骨や整体、鍼灸などの施術を受けた後、体がだるく感じることがあります。
それは「好転反応」と呼ばれ、決して悪いものではありません。

好転反応とは?

言葉の通り好転しているときに出る反応です。私たちの体は姿勢や座り方、立ち方など様々なことが原因で歪み、腰痛肩痛を引き起こして、痛みによるストレスを発生させてしまいます。そのストレスが蓄積されると筋肉が疲労して硬くなり、リンパの流れが滞ってしまうので様々な不調に繋がるのです。この悪循環を解決するために整体や整骨、鍼灸などを利用しているかと思いますが、施術によって歪みが整えられていくと、体は良い方向へと動いていきます。
正常なバランスに体が変化しようとしている状態が、好転反応と呼ばれるものです。

好転反応の種類

弛緩反応

だるさや眠さ、倦怠感などを抱くのがこの段階です。
悪いバランスから良いバランスに向かっていくため、体の機能がアンバランス状態を起こしているのです。

過敏反応

便秘や下痢、痛み、発汗などを感じるのがこの段階です。
冬眠していた機能が覚醒しつつあるため、体に反応として過敏に出始めるのです。

排泄反応

過敏反応が通り過ぎると排泄反応が始まります。蓄積されていた老廃物や毒素が排出される時期で、便や尿が出やすくなったり、人によっては吹き出物が出やすくなったりします。

回復反応

血行不良などが少しずつ改善され、健康へと向かっていきます。
この段階は個人差がありますので、人によっては気づかないうちに通り過ぎていることもあります。

好転反応が出たときは

急な変化で不安もあるかもしれませんが、好転反応は改善に向けて動き出した証拠です。
施術後は普段よりもたくさん寝るようにして、体を冷やさないようにして下さい。
また、お水(常温)をしっかりと飲み、お風呂はシャワーのみで済ませるのが望ましいでしょう。
無理をせずリラックスして過ごし、体を休めることが大切です。

肩こりや腰痛、スポーツ外傷など、痛みでお悩みなら、岸和田市にある当院にご相談下さい。
当院では整骨や整体、鍼灸などの施術を通して、お客様の健康維持をお手伝いいたします。
また、自賠責保険も適用されますので、病院で交通事故治療を受けている方もお気軽にご相談下さい。
好転反応は個人差がありますので、少しでも疑問に思われましたらお気軽にご相談下さい。