交通事故治療で多いむち打ち

交通手段として欠かせない自動車ですが、不注意や飲酒運転による交通事故が問題視されています。
交通事故に巻き込まれ、病院で交通事故治療が必要となるケースは、決して少なくはありません。
事故直後は興奮していて症状が出ないこともありますが、後々痛みが現れるケースも多いです。
そのため、交通事故に巻き込まれたらまずは病院で診察を受け、交通事故治療を受けることをおすすめします。
むち打ちの可能性も十分に考えられます。

むち打ちとは?

交通事故治療の次によく耳にする「むち打ち」ですが、皆さんはどういった症状なのかご存じですか?
むち打ちとは、衝突事故などの衝撃で体が鞭のようにしなり、首の組織にダメージを受けたことで起こるものです。
人によって症状は異なりますが、一般的なものとして首や肩、背中などの痛み、手足の痺れ、目眩などが挙げられます。また、吐き気や嘔吐、耳鳴り、自律神経症状などもあります。

むち打ちの種類

実は、むち打ちと言っても種類がありますのでいくつか紹介します。

頚椎捻挫型

むち打ちの中でも一番多いのが、頚椎捻挫型だと言われています。首の筋肉やじん帯が、交通事故の衝撃で傷ついて捻挫の状態になったものです。X線などで撮影しても異常が見つかりにくく、椎間板と呼ばれる部位に小さなキズがついていたり、じん帯に断裂ができたりする可能性があります。頚椎捻挫型の主な症状として、首や肩のだるさ・痛みなどが挙げられます。

神経根症状型

上下の頚椎に神経が挟まれて圧迫・刺激されたことで起こります。首の痛みや腕の知覚異常が特徴で、体の部位に痺れが起こり、力が入れにくくなります。後遺障害として認定されるむち打ちは、この神経根症状型が多いです。

脊髄症型

神経だけではなく、脊髄にまで損傷を受けたことで起こります。脚の痺れや知覚異常など、首よりも脚の症状が目立つのが特徴です。脊髄にダメージを受けたことで麻痺が続き、後遺症として残る危険性もあります。

バレー・ルー症候群型

交感神経・副交感神経といった、自律神経の働きに異常をきたして起こるものです。症状は体の痛みだけではなく、耳鳴りや目眩、息切れなどが挙げられます。

交通事故後に異常がないからといって安易に考えず、病院での治療や整骨院などを利用して、真剣に向き合うことが早期改善に繋がります。

岸和田市でむち打ちの相談をするなら当院にお任せ下さい。自賠責保険が適用され、費用を気にせず施術を受けることができます。一人ひとりの状態に適した施術でサポートしていきますので、病院で保険治療を受けている方もお気軽にお問い合わせ下さい。また、むち打ちだけではなく、頭痛腰痛などお悩みがある方もお待ちしております。