ぎっくり腰について知ろう

突然、腰が激しい痛みに襲われるため、西洋では「魔女の一撃」と呼ばれるぎっくり腰は、衝撃が走った瞬間から一歩も動けなくなることで有名です。痛みに耐え切れず、病院での治療や整骨院を利用している方もいらっしゃると思います。こちらでは、そんなぎっくり腰の基礎知識を紹介します。

ぎっくり腰とは?

別名「急性腰痛」や「椎間捻挫」と呼ばれ、急に腰部に激しい痛みを感じる症状として知られています。
様々な原因が重なっており、筋肉疲労・骨格の歪み・重い物を持つなどが、主な原因として挙げられます。
また、職業も要因になっており、事務職やタクシー運転手など、同じ姿勢で仕事をしている方は注意が必要です。

痛みが襲ってきたときの対処方法

痛みが落ち着くまでは安静にする

まずは、無理をせず安静にして過ごすよう心掛けましょう。無理して動いてしまうと、時間の経過とともに痛みが強くなり、翌日布団またはベッドから起き上がれなくなる可能性もあります。腰への負担を軽減するために横向きになり、枕を活用したり膝を立てたりと、自分が楽な体勢で休むようにして下さい。

状況に応じて冷やす

ぎっくり腰だけに限った話ではありませんが、炎症が起こっているときは、緩和させるために冷やすことが大切です。炎症を放置しておくと、周囲の細胞を巻き添えにしてどんどん広がっていきます。冷やすことで血管が収縮され、冷却による効果で痛みが軽減されます。ビニール袋に氷を入れてタオルに包めば、手軽にアイシングできますので、それで試してみて下さい。

ぎっくり腰を悪化させないためにも、応急処置を覚えておくことが大切です。ただし、痛みが和らいだといっても改善されたわけではありません。ふとした瞬間に再発する恐れもありますので、症状が落ち着いてきたら整骨院や病院など、専門家の利用をおすすめします。

岸和田市にある当院は腰痛や肩痛をはじめ、スポーツ外傷など様々な痛みに対応しています。
岸和田市で整骨院をお探しの方は当院にお任せ下さい。鍼灸や整体、整骨施術を通じて、お客様の健康維持をお手伝いいたします。自賠責保険も適用できますので、病院で事故治療を受けている方もお気軽にご相談下さい。